相続の基礎知識

hana1_r.gif 登記費用大幅値下げしました!

 

こちらのページでは、相続 法定相続 相続放棄について説明しています。
相続登記をされる方は参考にして下さい。

 

相続について

相続とは、人の死亡によって開始します(民法882条)。
相続人は、相続開始の時(被相続人の死亡の時)から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継します(896条)。

 

相続登記の料金について詳しくはこちらへ
相続登記の必要書類について詳しくはこちらへ

 

司法書士は遺産相続による不動産の名義変更登記の専門家です!
遺産相続による住宅(土地・家・マンション)の名義変更に関するお問い合わせは、横浜の今井章義司法書士事務所まで(電話相談無料)
電話 045−681−4832

法定相続

法定相続

相続人
(相続によって財産を承継することとなる人)と被相続人(相続される亡くなった人)の関係は、民法によって定められています。

民法で定められている相続人と、その相続する順位(後順位の人は、先順位の人がいないときに相続人となります)、並びに法定相続分(同順位の者が複数いる場合の各自の相続分は均等になります)は次の通りです。


 

 相続人となる順位

配偶者は常に相続人となります
第1順位  子とその代襲相続人
第2順位  直系尊属 (父母・祖父母)
第3順位  兄弟姉妹とその代襲相続人


* 代襲相続
子や兄弟が、相続の開始以前に死亡している場合、その子や兄弟の子が代わって相続人になります。これを代襲相続と言います。

 

・ 法定相続分

配偶者と子が相続人の場合        それぞれ2分の1
配偶者と直系尊属が相続人の場合   配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1
配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合   配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1

 

 

相続登記の料金について詳しくはこちらへ
相続登記の必要書類について詳しくはこちらへ

 

相続放棄

相続放棄

相続を放棄した場合には、その相続に関して初めから相続人とならなかったものとみなされます(939条)。
相続放棄は相続財産が債務超過である可能性が高い場合や、一部の相続人に相続財産を集中させたい場合などに行われます。


相続を放棄する場合には被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申述しなければなりません(940条)。
申立ては,自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内にする必要があります。

 

 

司法書士は不動産登記の専門家です!
遺産相続による土地・建物の所有権移転登記なら経験豊富な当事務所に是非お任せください 。

 

横浜地方法務局近く(正面玄関前)  

今井章義司法書士事務所

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼
TEL : 045-681-4832
TEL : 0120-17-4832

(神奈川・東京 通話料無料)
携帯電話からは 045-681-4832へどうぞ

受付時間 : 9:00〜18:00(土日祝祭日は除く)

お問合せフォームはこちらへ