贈与税の配偶者控除について

hana1_r.gif 登記費用大幅値下げしました!

 

贈与税の配偶者控除とは

婚姻期間が20年以上の夫婦の間で、居住用不動産又は居住用不動産を取得するための金銭の贈与が行われた場合、基礎控除110万円のほかに最高2,000万円まで控除(配偶者控除)できるという特例です。

 

特例を受けるための要件は

  • 夫婦の婚姻期間が20年を過ぎた後に贈与が行われたこと
  • 配偶者から贈与された財産が、自分が住むための居住用不動産であること又は居住用不動産を取得するための金銭であること 。
  • 贈与を受けた年の翌年3月15日までに、贈与により取得した居住用不動産又は贈与を受けた金銭で取得した居住用不動産に、贈与を受けた者が現実に住んでおり、その後も引き続き住む見込みであること 。
  • 配偶者控除は同じ配偶者の間では一生に一度しか適用を受けることができません。

 

適用を受けるためには、贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日 (贈与税の申告期間)に、住所地を管轄する税務署へ贈与税の申告をすることが必要です。
詳しくは税務署にお問い合わせ下さい。 

 

生前贈与の料金について詳しくはこちらへ  

 

司法書士は不動産登記の専門家です!
生前贈与による不動産の名義変更なら経験豊富な当事務所に是非お任せください 。

 

横浜地方法務局近く(正面玄関前)  

今井章義司法書士事務所

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼
TEL : 045-681-4832
TEL : 0120-17-4832

(神奈川・東京 通話料無料)
携帯電話からは 045-681-4832へどうぞ

受付時間 : 9:00〜18:00(土日祝祭日は除く)

お問合せフォームはこちらへ