相続や生前贈与、財産分与の違いって?

hana1_r.gif 登記費用大幅値下げしました!

 

お客様からよく、不動産の名義変更をするにはどのようにしたらいいのでしょうか?
また、その費用は幾ら位かかりますか?という質問があります。

不動産(土地・家・住宅・マンション)の名義変更は、変更する原因(理由)によって必要書類・登記費用が変わってきます。

相続財産分与贈与売買等による名義変更の必要書類・登記費用については各々のページをクリックしてご確認下さい。

 

こちらのページでは、一般的な名義変更の原因(理由)である、相続・財産分与・生前贈与・売買の法律用語について説明していますので参考にして下さい。

 


相続とは、人の死亡によって開始します(民法882条)。
相続人は、相続開始の時(被相続人の死亡の時)から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継します(民法896条)。


財産分与とは、離婚に際して夫婦二人で築いてきた財産を清算して分けることです
民法768条により、離婚をした者の一方は、相手方に対して財産の分与を請求することができます。
財産分与のなかには、別れて生活に支障をきたす可能性のある者への扶養料や、離婚の責任がある方の慰謝料、損害賠償料という側面も含まれることがあります。


贈与とは、自己の財産を無償で相手方に与えることです
自己の財産を相手方に与える意思を示し、相手方がそれに受諾することによって成立します(民法549条)。 財産を譲り渡す者を「贈与者」、譲り受ける者を「受贈者」と言います。
贈与の種類としては、生前に行われる贈与(生前贈与)と死因贈与があります。
死因贈与(民法554条)とは、人の死亡によって効力が発生する贈与契約です。例えば、私が死んだらこの住宅をあげると言うのが死因贈与です。


売買とは、当事者の一方がある財産を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる(民法555)。と規定されています。贈与と違い、財産を有償で相手方に与えることです

※譲渡(じょうと)とは、特定の権利、財産等を他人に移転させることをいいます。
贈与、売買、交換などの契約の効果です。


 

相続登記の料金について詳しくはこちらへ
生前贈与の料金について詳しくはこちらへ
財産分与の費用について詳しくはこちらへ
売買登記の費用について詳しくはこちらへ

 

司法書士は不動産登記の専門家です!
不動産の名義変更による所有権移転登記なら経験豊富な当事務所に是非お任せください 。

 

横浜地方法務局近く(正面玄関前)  

今井章義司法書士事務所

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼
TEL : 045-681-4832
TEL : 0120-17-4832

(神奈川・東京 通話料無料)
携帯電話からは 045-681-4832へどうぞ

受付時間 : 9:00〜18:00(土日祝祭日は除く)

お問合せフォームはこちらへ